読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さまよい日記

毎日出来たことを振り返ることによって、自己肯定感を自然に高めたい。その他行き場を無くした思いのたけをぶつけるだけ。

昼寝中に見た夢がやけに気になった日

11/21に出来たこと
・派遣の担当者の方へ電話した
・履歴書を途中までつくった

振り返ると少ない…
金曜日にも、派遣のことを電話して、結論は月曜に、
と言われたので、電話をしなきゃという焦りが朝からあった。
でもその一方、それでいいのかと思う自分もいて、
午前中はふて寝。
朝の基礎体温で予定よりも早く生理になりそうだったし、
身体がどんよりしていたので、寝てしまった。

そしたら、毎度よろしくリアルな夢を見たのだが、
片岡愛〇助さんが出てきて、何故だか私はがっちり肩を抱かれ、そして、これから行為をしようという感じになった夢。
(私はこの人の子を産むんだわ、としっかり自覚していた)

その時に色々な所作を知っている彼に対して、
多分自分はすごい、とかなんで?とか言って、一言彼が言った。
「だって何も知らんからやん」と。
そして私は「じゃあどうしたら知れるの?本?テレビ?」
と必死に詰め寄っていたのに、答えは無く目が覚めた。

寝汗もひどくて肩がガチガチだったから、
「肩を抱かれた」んだろうと、そこまでは理解出来た。
リアル夢が多い自分としては珍しくないから。

だが、「何も知らないから」という言葉が夢にしては、
ものすごく鮮明に覚えていて、とても気になる。


私自身は、食べ物のマナーや立ち振舞い、そういったマナー全般にとてもコンプレックスがあるので、それに関する事なのだろうか。
ちなみに片岡さんのことは、歌舞伎役者として何回も見たので、きちんとした素晴らしい役者さんだと思っているが、
一番好きな芸能人、というわけでもない。

そんな謎の夢の後、意を決して電話をした。